沿革-三和の歴史

弊社は1962年(昭和38年)に創業いたしました。

多くのお客様や仕入先様にご支援を頂戴しながら、おかげさまで創業50年を超えました。

現在では、全国の保育園、学校や大学、各私鉄やバス会社様、上場企業様から中小企業様まで

あらゆるお客様に支えていただいております。

引き続き、この歴史と信頼を大切にしていきたいと思っております。

 

  • 1962年12月
    三和商事株式会社 創業
  • 1965年2月  
    三和商事株式会社 創立

創業者 小林 康二が教材・理化学機器の販売および開発、温室の研究から事業をスタートしました。 その中において、まだ『ガーデニング』という言葉がない昭和40年、 冬至としては斬新な「家庭用温室ゆとり」を開発しました。 特許を取得し、ガーデニングの先駆けとして一世を風靡しました。

  • 1978年 
    三和商事株式会社の製造部門を継承し サンフレーム工業株式会社(現 三和製作所)を設立

昭和60年代は、温室製作の他、理科実験用の鳥類卵ふか器、OHP架台を製作。
全国の学校へ納入しました。

  • 1989年
    東京都江戸川区に自社ビル 「アルカディア親水公園ビル」が完成
  • 1998年
    サンフレーム工業株式会社から株式会社三和製作所に改名。
    医療機器の製造販売を強化しました。

現在、サンワグループは大きく、製造の三和製作所、販売の三和商事の2社の企業体があります。

販売と製造を分社化したことにより、より顧客目線でのモノづくり。
お客様の声に耳を傾け、精一杯サービス提供をする現在の体制の礎となりました。

  • 2002年  
    船橋市に船橋事業所を新築する。物流の拠点となりました。

カタログや展示会などのご縁を通じて、全国のお客様へスムーズな納品と、より利用しやすい納品形態を実現すべく 物流機能、キッティング機能を強化しました。

  • 2004年  
    代表取締役社長に小林 正樹就任
  • 2008年
    医療機器カタログVol.3.0を発刊。 病院、介護施設へ商品提供を開始いたしました。
    千葉県私学養護部会へのブース出展をスタート

サンワグループのカタログ事業は V3000以降、消耗品を中心とした「サンメディ」、 保健福祉商品の「スクイル」、防災用品の「ライフザック」などを 発行しております。
現在では全国約90%以上の学校にはサンワの カタログがあり、子供たちの安全と学校の運営をサポートしています。

  • 2011年 
    医療薬カタログ NAOWLを発刊。 

  • 2014年
    東京支社完成
    創立50周年記念式典を挙行
    東京私学養護部会へのブース出展をスタート

学校だけでなく、法人様よりも防災用品を中心に多くのお声掛けが増え 東京江戸川区に東京支社を完成させました。 船橋の物流拠点や、事業所と連携を図りながらお客様の声にお応えする 体制を整えております。

  • 2016年 
    本社を浦安市から船橋市へ移転
    船橋市より「あったカンパニー」表彰をいただく。

  • 2017年
    理科消耗品カタログ リカイル発刊

  • 2018年
    医療品カタログ ナオールVol.3 発刊
ページ上部へ戻る